提携ローンとは

住宅ローンを組むときによく耳にするのが提携ローンという言葉ですが、提携ローンとはどのようなものなでしょうか。物件に対して事前に利用を決めてあるローンのことで、その物件を売る人や、住宅会社側が、金融機関と条件面での話し合いを済ませてあります。提携ローンと、普通のローンとは、どういった差があるでしょう。必ずというわけではありませんが、通常の住宅ローンよりも金利の優遇幅が数%程度大きくなっていることがあります。融資の形は固定金利型の上、全期間一律優遇でなければいけませんが、その場合は、普通に融資を受けるよりも条件がよくなります。審査に要する時間については、提携ローンのほうが、その他の場合より速やかになるようです。審査項目のひとつに担保価値がありますが、これが事前に審査されているのでこの分だけを考えても通常のローンよりも迅速になるということです。提携ローンは、審査をクリアする割合が、他の住宅ローンよりも多めです。普通の住宅ローンの申込みをする時には審査の結果が思わしくないという人は、提携ローンの審査を検討してみるのもいいかもしれません。通常のローンでは必要書類を自分で揃えて金融機関に自ら出向かなければなりません。提携ローンを利用すれば、不動産会社側に手続きを委託することができて、自分にとっては簡単になります。不動産会社に提携ローンの煩雑な部分をやってもらうことができれば、住宅購入時の様々な手配についても、かなり楽になるのではないでしょうか。
問い合わせメール共有サービス